十勝ヒルズ 桜ら展

更新日:2021年5月21日

現在、北海道・十勝にある十勝ヒルズというガーデン内では桜が見ごろという。

その中のチャペル内に、本物の桜ではない桜も満開を迎えたとのこと。

https://www.tokachi-hills.jp/post/__%E6%A1%9C%E3%82%89%E5%B1%95


現実の桜の中に、非現実の桜の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。


その非現実の空間の音響デザインを一緒に考えてください、とお話をいただきました。


この中の桜は、それぞれの創造の空間に浮きあがる樹として、そして、樹も人も森の中の一員であることを思いめぐらしてもらえるような音の空間をデザインしてみました。

私は音源を制作してから、現地には赴くことができませんでしたので、現場で音響空間をアレンジしてもらえたことは、今回の一つの収穫でした。


お近くにお寄りの際はぜひ足を運んでくだされたら幸いです。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日2月20日、オブンガク堂Café-時空ヲ旅スル音楽会-<フランス>久生十蘭・著「黒い手帳」のライブと同時ライブ配信が千秋楽を迎えました。 ご視聴いただきました皆さまへ、また思いを寄せていただきました皆さまへ、感謝申し上げます。 オブンガク堂Caféの店主(その名前のCaféが常設されているわけではなく、さまざまな場所において、カフェのような気軽な雰囲気で、近代文学作品の語りとその作品に寄り添っ

ご視聴いただきました皆さまへ感謝申し上げます。 さて、不肖にも本編の後のトークに登場しておしゃべりをさせていただいてしまったのですが、その際につい出てしまった話題に「ゴーシュは純正律と平均律の違いに苦労をしていたのではないか、賢治は読者に音律の違いで音楽の印象が随分と変わってしまうというメッセージを伝えたかったのではないか」という趣旨のお話をいたしました。 あの場だけでは時間も足りず、補足が必要と